毛穴クレンジング♡LABO

毛穴クレンジングを肌質別にランキング!オススメ市販&口コミ★黒ずみがごっそり落ちるクレンジングはコレ!

ダブル洗顔不要の毛穴クレンジング。本当に必要ないの?

ダブル洗顔不要のクレンジングのメリットとは?

ダブル洗顔不要のクレンジングにはどんなメリットがあるのか、詳しくご紹介します。

メリット①:スキンケアにかかる時間が減って時短になる!
クレンジングと洗顔では落とせる汚れの種類が異なるため、通常であればクレンジングをした後に洗顔料を使って2度洗顔をおこなわなければなりません。
しかしダブル洗顔不要のクレンジングを使用すれば、1度で全ての洗顔が終わるためかかる時間は半分に減ります。
スキンケアに時間をかけたくない忙しい方や、面倒くさがりな方にとってはとても魅力的なメリットなのです。

メリット②:経済的!
通常であればクレンジング料と洗顔料をそれぞれ購入しなければなりませんが、ダブル洗顔不要のクレンジングであればそれ一つを購入すればOK。
ただ単に安く済ませることもできますし、もともと2つ分買う予定だった予算で少し贅沢な商品を選ぶこともできますね。

メリット③:肌への負担が軽減する!
ダブル洗顔をするとクレンジングと洗顔の両方で少なからず肌へ摩擦によるダメージを与えてしまいますが、ダブル洗顔不要のクレンジングを使用すれば肌に触れる回数が約半分に減らすことができます。
ということは、肌への摩擦による負担を減らすことができるというわけです。
人によっては摩擦などのダメージで、肌のかゆみ・赤みなどの炎症やたるみなどの肌トラブルに繋がる恐れも。
肌トラブルに繋がる摩擦を最小限に抑えることは、健康的な美肌を目指すためにとても重要なことなのです。

ダブル洗顔不要のクレンジングのデメリット

もちろん、ダブル洗顔にはメリットだけでなくデメリットも存在します。
デメリットも知った上で、ダブル洗顔のありなしを選びましょう。

デメリット①:商品によってはメイク落ちが悪い
ダブル洗顔不要のクレンジング料は、ダブル洗顔をする場合と比較するとメイク落ちが悪い商品もあります。
なぜなら、本来であればクレンジング油性の汚れを落とし、洗顔で水性の汚れを落とすところを1つにまとめているので、それぞれの汚れ落ちが劣ってしまうからです。
ただ普段からナチュラルメイクの方には十分な洗浄力であったり、最近ではダブル洗顔不要のクレンジング料でもそれぞれの洗浄力が高い商品もありますので、ネットなどで実際に使用した方の口コミを参考にすると良いでしょう。

デメリット②:汚れがしっかり落ちたのか不安になる人もいる
ダブル洗顔をすると油性と水性の汚れをそれぞれしっかり落とせるため、汚れがしっかり落ちた感があり、サッパリとした仕上がりを得られやすいです。
しかしダブル洗顔不要のクレンジング料は2種類の汚れを一度にまんべんなく落とすため、洗い上がりのサッパリ感が得られなかったり、「本当に落ちているのか・・・」と不安に思ってしまう方もいます。
ダブル洗顔不要のクレンジング料を使用したいけれどサッパリとした洗い上がりを求める方は、水性に近いジェルタイプの商品を選ぶのがおすすめですよ。
ただ、その場合普段しっかりメイクをする方はメイク落ちに難点があるかもしれません。

ダブル洗顔不要の毛穴クレンジングの正しい使い方。

ダブル洗顔不要の毛穴クレンジングを使用する場合に重要なことは、ちゃんと「乳化」させることです。
ダブル洗顔不要のクレンジングは水と混ざることで乳化し、その乳化がちゃんと行われることによってメイク汚れをしっかり落とすことができます。
そしてその乳化は、しっかりとメイクとなじませてから行うタイミングがとても大切なのです。

<ダブル洗顔不要クレンジングの正しい使い方>
①ポイントメイクを専用リムーバーで先に落とす。
②クレンジングを規定量手のひらに出し、少し温めてから肌に乗せる。
③やさしく小さな円を描くようにメイクになじませ、汚れを浮かせる。
④サッと手を水に通した後手のひらをやさしくこすり合わせて、残っていたクレンジング量を乳化させる。
⑤そのまま手を顔にうつし、同じように乳化させる。
⑥クレンジング量が白く濁り、ふわっと軽い手触りになったらぬるま湯(30~35℃程度)で洗い流す。
※小鼻や髪の生え際など、洗い残しがないよう鏡でチェックしましょう。
⑦清潔なタオルでこすらずやさしく水分を拭き取る。

油分が入ったクレンジング料を使用しない場合は、乳化部分を省いたクレンジングを行ってください。
とっても基本的なクレンジングの方法ですが、これでダブル洗顔不要のクレンジングでもしっかり汚れを落とすことができますよ。

ダブル洗顔不要の毛穴クレンジングはニキビ肌でも使えるの?

ダブル洗顔不要のクレンジングは手軽で人気がありますが、ニキビが出来やすい方にはあまりおすすめできません。
実はダブル洗顔不要のクレンジングの難点として、乳化がうまく出来ずにクレンジング量やメイク汚れが残ってしまうと、大人ニキビやゴワつきの原因になる可能性があるのです。
実際にクレンジング料が肌に残ることでニキビが増えてしまった、という声も。
皮脂が多い方、もしくは混合肌でニキビが出来やすい方は面倒でもダブル洗顔をすることをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

 

カテゴリ

 

ライター:rin

    長年毛穴の悩みを抱えていた30代後半。アトピーもあり肌は敏感。オイルクレンジングで肌がボロボロになったことをきっかけに、クレンジングを真剣に考えるように。敏感肌でも毛穴の悩みを改善できることを実感し、様々なクレンジングを試す日々。