毛穴クレンジング♡LABO

毛穴クレンジングを肌質別にランキング!オススメ市販&口コミ★黒ずみがごっそり落ちるクレンジングはコレ!

毛穴クレンジングおすすめはどれ?クレンジングの正しい選び方。

毛穴の黒ずみ・汚れを落としてくれるクレンジングの選び方。

毛穴の黒ずみ・汚れを落としてくれるクレンジングはいろいろなものがありますが、何を基準に選ぶとよいのでしょうか。

・肌への刺激の少ないもの
・しっかりと汚れを落とすもの

汚れを落とすことだけを優先してしまうとオイルクレンジングを選びがちですが、
オイルクレンジングは商品を間違って選ぶとかえって毛穴の悩みが増えてしまう恐れがあります。

肌への刺激が少なく、汚れもしっかりと落とすクレンジングのタイプで一番のおすすめは、クリームタイプです。適度な油分でメイク汚れを落とすだけでなく、肌へも優しいといえます。乳白色のジェルタイプも柔らかく肌になじませやすく、おすすめです。

ミルクタイプも肌には優しいのですが、水分が多いためにメイクと馴染むのに時間がかかります。汚れを落とす力も弱いので、毛穴対策としてのクレンジングにはあまりおすすめできません。

 

クレンジングのタイプと特徴

拭き取り・水・ミルク・オイル・ゲル・クリーム・バームで比べてみました。

クレンジングのタイプ 洗浄力 肌への負担 メリット デメリット
ふき取り 普通 強い どこでも使いやすい 摩擦がある
リキッド 高い 強い さらっとしている 刺激が強い
ミルク 低い 弱い 保湿効果がある

敏感肌でも使いやすい

クレンジング力が弱い
オイル 非常に高い 強い メイク落ちがいい

毛穴汚れも落とせる

刺激が強い
ゲル 高い 普通 肌になじみやすい

濡れた手でも使える

油性だと刺激が強い
クリーム 普通 弱い 肌に優しい

保湿力も高い

濃いメイクは落ちにくい
バーム 普通 普通 メイクとのなじみがいい 乾いた手でないと使えない

クレンジングのタイプとその特徴をわかりやすく表にまとめてみました。わかるのは、オイルクレンジングのように洗浄力の高いものは、肌への刺激も強いということです。また、ミルククレンジングのように肌への負担が少ないものは洗浄力にかけてしまいます。それぞれにメリットデメリットがあるので、その時のメイクに合わせて使い分けるのもいいかもしれません。

まずは、自分自身の肌状態を見極めてからクレンジングを選ぶようにするのが一番良いでしょう。

オイルクレンジングをやめると毛穴の悩みがなくなるって本当?

オイルクレンジングのメインの素材はオイル。

安いオイルクレンジングには「ミネラルオイル」という、脱脂効果の高いオイルが使われていることが多いです。

また質の低い界面活性剤を多く含み、簡単にメイクを落とすことができるというメリットがある反面、肌への刺激が強いという特徴もあります。

油分を多く含んでいるということもあり、とても乳化しやすく毛穴の汚れも一緒に落ちやすいという利点がありますが、肌への刺激が強いということは毛穴への刺激が強いのも事実です。

毛穴トラブルなど肌のトラブルのそもそもの原因は肌の乾燥で引き起こされます。肌の乾燥が原因となって、油分と水分のバランスが崩れることで皮脂の分泌が盛んになり、オイリー肌へとなってしまったり、ニキビができやすくなってしまうこともあります。

安価な「ミネラルオイル」を使ったオイルクレンジングは、メイクを簡単に落とすことができる一方で肌への刺激が強く、肌とラブルを招いてしまう原因となってしまっていることもあるのです。

だからこそ肌刺激の強いオイルクレンジングをやめ、肌に優しいジェルタイプやクリームタイプのクレンジングをすることで、肌状態が安定し、毛穴の悩みといった肌トラブルの悩みが改善しやすくなるんですよ。

オイルクレンジングを選ぶ場合は、素材に注意して購入しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

 

カテゴリ

 

ライター:rin

    長年毛穴の悩みを抱えていた30代後半。アトピーもあり肌は敏感。オイルクレンジングで肌がボロボロになったことをきっかけに、クレンジングを真剣に考えるように。敏感肌でも毛穴の悩みを改善できることを実感し、様々なクレンジングを試す日々。