毛穴クレンジング♡LABO

毛穴クレンジングを肌質別にランキング!オススメ市販&口コミ★黒ずみがごっそり落ちるクレンジングはコレ!

毛穴クレンジングで黒ずみは解消する?黒ずみができる原因や有効配合成分とは。

毛穴の黒ずみの原因って?

毛穴の黒ずみに悩んでいるという方は多いのではないでしょうか?
黒ずみに悩むと、毎朝鏡を見るのも憂鬱になりますよね。
では一体どうして黒ずみができてしまうのか?それには主に4つの原因があるんです。

まず1番多いのが「”角栓”が大きくなってしまったことによる黒ずみ」。
誇りや古い角質、皮脂、メイク汚れなどが毛穴に詰まり発達して角栓となりますが、その状態で時間が経ち角栓が空気にさらされると、酸化して黒くなってしまいます。
それが毛穴の黒ずみとなるのです。
そもそも角栓は外的な刺激から守ってくれる肌に必要な存在であり、誰にでもできるもの。
肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が通常に行われていれば、役目を終えると垢となって定期的に剥がれ落ちる仕組みになっています。
しかし、食習慣やホルモンバランスの乱れ、不規則な生活、ストレスなどによって肌のターンオーバーが乱れると角栓が蓄積されて毛穴に詰まり、黒ずみの原因となるわけですね
また、オイリー肌の方は皮脂の分泌量が多いため、普通肌の人より毛穴が詰まりやすい傾向にあります。
反対に、乾燥肌の方も肌が乾燥から守ろうとして皮脂を過剰に分泌するため、皮脂の分泌量が多くなるんです。
このタイプの方たちは普通肌の方よりも黒ずみが出来やすいんので注意が必要です。

次に、「メラニンによる黒ずみ」。
紫外線などの刺激を受けると、皮膚の表面を紫外線から守ろうとメラニンが生み出されます。
このメラニンは色素のため、毛穴の入り口に溜まってしまうと黒ずみとなり、量が多ければ多いほど黒く濃く見えてしまいます。
先述した角栓と同じく、メラニンも通常であればターンオーバーによって定期的に排出されますが、過剰に紫外線を受けてしまったり、ターンオーバーが乱れるとメラニンが排出しきれずにシミとして残ってしまい、黒ずみの原因となるわけです。

そして、「肌のダメージによる黒ずみ」。
角栓が酸化された状態でいつまでも放置されていると、肌にダメージを与えて毛穴の周辺が黒ずんでしまう場合があります。
また、角栓を間違った方法で無理矢理除去して毛穴を傷つけてしまっても黒ずみの原因になることがあるのです。

最後に、「毛穴広がりタイプ」。
保湿が足りていなかったり、肌が乾燥していると角質のキメが粗くなり、毛穴が不規則な形に変形して目立つようになることがあります。
また、加齢などの理由で肌のコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンが変性又は減少すると皮膚の厚みや弾力が低下してしまい、毛穴が広がって影ができて黒ずみに見えてしまう恐れもあるのです。

このように黒ずみの原因は様々ですが、共通しているのは”肌に適切なお手入れをしていないこと”。
日頃から正しいケアをすることが大切なのです。

毛穴クレンジングで毛穴の黒ずみを解消!おすすめの成分は?

「肌に負担をかけずに毛穴の汚れを落とし、肌に必要なの潤いを保つこと」が毛穴の黒ずみを改善するためには重要です。
クレンジングを選ぶときは、黒ずみに効果のある成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう!
では、毛穴の黒ずみを解消してくれる成分とは一体どんなものなのかご紹介していきますね。

①天然クレイ:マリンシルト・ベントナイト・ガスール・くちゃなど
クレイとは「泥」のことで、海泥を使用したものや火山灰由来のものなど数種類存在します。
天然クレイは粒子が細かく、イオンの働きによって毛穴の奥の汚れにも吸着して落としてくれるうえ、ミネラルの働きによって肌を保湿・保護してくれる効果も期待できます。
洗顔料に含まれていることが多いです。

②植物オイル:ココナッツオイル・オリーブオイル・オレンジオイル・ホホバオイルなど
メイクが落としきれずに肌に残ってしまうと毛穴に詰り黒ずみに繋がる恐れが。
そうならない為には、メイクも毛穴汚れもスッキリ落としてくれるクレンジングを使用することが重要です。
高い洗浄力といえばオイルクレンジングですが、その中でも肌への負担が少ない植物オイルメインのものを選びましょう。
質の良い植物由来のオイルなら肌に低刺激なだけでなく、保湿しながらメイクや毛穴汚れを洗い流すことができます。
特に、”メイク落ちの良さ”と”美肌効果”が期待できるラウリン酸が含まれた「ココナッツオイル」を使用しているものがおススメですよ。

③酵素
酵素はたんぱく質を分解する機能があり、頑固な角質や黒ずみもしっかり落として毛穴詰りを解消する効果が期待できます。
実は黒ずみの原因となる角質や角栓は7割がたんぱく質なんです。しかも、オイル系のクレンジングではたんぱく質を洗い流すことはできません。
ちなみに酵素系洗顔は洗浄力が高いので、週1~2回までの使用に止めるようにしましょう。

④AHA(フルーツ酸)
ピーリングには毛穴の黒ずみの原因となる角質をしっかり剥がし、ターンオーバーを整えてくれる効果があります。
そんなピーリング製品のメイン成分となることが多いのがこの”AHA”であり、刺激が少ないのにしっかりピーリングできるのが特徴です。
最近はクレンジングや洗顔に配合されることも増えていますので、毎日使うとソフトピーリング効果を得られて黒ずみを解消・そして予防してくれますよ。

⑤アーティチョーク(アーチチョーク)葉エキス
キク科の植物であるアーティチョークの葉は、紫外線による肌のメラニン色素の働きを抑える効果や、毛穴の黒ずみや目立ちを改善する効果が期待できます。
アーティーチョークの花や茎のエキスよりも、「アーティーチョーク葉エキス」っと記載があるものが1番毛穴への効果を発揮します。

⑥ハマメリスエキス
ハマメリスエキスは収れん作用に優れており、肌や毛穴を引き締めてキメを整えてくれるため、毛穴の黒ずみや開きの解消に効果があります。
また、穏やかな消炎効果もあるのでニキビや毛穴の炎症の改善も期待できます。

⑦オウゴン根エキス
シソ科の植物であるオウゴン根エキスには男性ホルモンの働きを抑えて皮脂が過剰に分泌されるのを防ぐ効果があるので、黒ずみの原因となる毛穴の詰りを予防することができます。
また、抗菌作用や抗炎症作用もありますので、ニキビなどのトラブルにも

⑧美容成分(ヒアルロン酸・セラミド・コラーゲン・ビタミンC誘導体・ハイドロキノン)
「保湿成分」「肌のハリケア成分」「美白成分」などの美容成分を取り入れることで、毛穴の黒ずみを改善・予防する効果が期待できます。
ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンといった成分は肌の乾燥を防いでバリア機能を整えたり、ハリや弾力をアップさせることで毛穴が目立ちにくい肌をつくります。
また、肌のターンオーバーが正常化されて健康的な肌を保てる効果も。
そして、メラニンによって色素沈着してしまった黒ずみにはハイドロキノンのような美白成分が効果を発揮します。
中でも、特に毛穴の黒ずみへの効果を発揮するのがビタミンC誘導体!
「肌のハリ」「毛穴の引き締め」「皮脂を抑える」「皮脂の酸化予防」など、毛穴や肌トラブル全般に高い効果が期待できますよ。

以上が、毛穴の黒ずみ解消におススメの成分です。
クレンジングを選ぶ時にぜひ参考にしてみてくださいね。

毛穴クレンジングを効果的に使う方法

毛穴クレンジングをより効果的に使用するために、蒸しタオルやスチーマーで肌を温めて柔らかくし、毛穴を開かせてあげましょう。
そうすることで毛穴の奥までクレンジングがいきわたり、汚れをしっかり落とすことができます。
また、浴室が温まった頃や湯船につかりながらクレンジングするのもおススメ!
肌が柔らかくなるのに加え、血行も良くなって毛穴の老廃物が排出されやすくなります。
ただ入浴しながらクレンジングを行う場合は、「クレンジング時間が長くならないこと」「クレンジング前に手や顔が濡れないこと」に注意してくださいね。

クレンジングや洗顔で毛穴の汚れをキレイに落としたら、保湿をしっかり行ないましょう。
毛穴の中がキレイになると化粧水や乳液もより浸透しやすくなるので、毛穴を引き締める効果のある保湿剤を使用するとなお良いです。

毛穴の黒ずみをケアする際に注意しなければいけないことがあります。
それは「即効性を期待しないこと」。
黒ずみのは1日やそこらで改善されるものではありません。
ついつい力を入れた強引なケアを行なってしまうと肌にダメージを与え、バリア機能を破壊してしまうなど逆効果になってしまう恐れがあります。
大切なのは、肌のターンオーバーのサイクルを整えてあげること。
それには肌にやさしいケアを毎日積み重ねていく必要があります。
毛穴レスで健康的な美肌を取り戻すために、根気強くケアを続けていく意識をもちましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

 

カテゴリ

 

ライター:rin

    長年毛穴の悩みを抱えていた30代後半。アトピーもあり肌は敏感。オイルクレンジングで肌がボロボロになったことをきっかけに、クレンジングを真剣に考えるように。敏感肌でも毛穴の悩みを改善できることを実感し、様々なクレンジングを試す日々。