毛穴クレンジング♡LABO

毛穴クレンジングを肌質別にランキング!オススメ市販&口コミ★黒ずみがごっそり落ちるクレンジングはコレ!

鼻毛穴をクレンジングでなんとかしたい!イチゴ鼻の対策とは?

鼻毛穴(いちご鼻)をスッキリさせたい!毛穴クレンジングの選び方

いちご鼻を改善するためには、クレンジングをしっかり行うことが基本です。
無理矢理毛穴の汚れをとるようなことは絶対にしてはいけません。
余計に毛穴が開いて汚れがたまり、悪循環を引き起こしてしまいます。
そのため、クレンジングで肌に負担をかけずに毛穴の汚れを除去することが重要なわけですが、その中でもどんなクレンジングを選ぶかによって肌の状態や毛穴への効果が大きく変わってきます。
毛穴改善の効果が高く、また自分の肌に合ったクレンジングを選ぶよう、以下の項目を参考にしてみてください。

①日頃のメイクの濃さに合った洗浄力を選ぶ。
クレンジングや洗顔料の多くには、洗浄力の強い界面活性剤が含まれています。
そして洗浄力が強ければ強いほど、肌への負担が大きい石油系の界面活性剤が含まれている確立が高くなります。
洗浄力が強いものはメイクや皮脂、毛穴の汚れをしっかり落としてくれますが、肌に必要な潤いまで奪って乾燥を招いてしまったりと肌への負担も大きくなります。
日頃ナチュラルメイクの方は洗浄力がマイルドな肌に低刺激のクレンジングを選びましょう。
また、普段しっかりメイクをする方が肌への負担を考えて洗浄力が弱すぎるクレンジングを選んでしまうと、メイクが落ちきらずに肌へと残ってしまい、毛穴トラブルを悪化させてしまいます。
ですから、肌への負担を極力減らすために、自分の普段のメイクの濃さに合わせた洗浄力のクレンジングを選ぶのが重要なのです。

②毛穴トラブルに有効な成分をチェックする。
クレンジング剤を選ぶ際は、毛穴トラブルに効果的な成分が配合されているかチェックしましょう。
例えば、角栓や皮脂の詰まりが気になる方は「アルガンオイル」など毛穴の汚れを溶かしだす作用があるもの。
酸化して色素沈着してしまった黒ずみ毛穴に悩む方は、「ビタミンC誘導体」や「ハイドロキノン」など美白成分が配合されているものを選びましょう。
また、乾燥により陥没してしまった年齢毛穴には、「セラミド」や「コラーゲン」等の保湿成分や美容成分が豊富なものをおすすめします。

③W洗顔の有無をチェックする。
クレンジング商品の中には、W洗顔不要のものも多くあります。
W洗顔はサッパリして気持ちがいいですが、肌に触れる回数が増えるため、その分摩擦による刺激も増えて肌へ負担になってしまうこともあります。
また、洗顔のしすぎで皮脂を過剰に奪ってしまい、乾燥を引き起こす可能性も。
W洗顔不要のクレンジングは、肌に手が触れる回数や界面活性剤を使う回数を減るため、肌への刺激も減らすことができます。
乾燥肌の方や敏感肌の方にはW洗顔不要の方が良いでしょう。
ただ、ニキビに悩む方や皮脂量が多いオイリー肌の方は、W洗顔が必要なタイプを選んだ方が良いかもしれません。

いちご鼻ってどんな状態のことをいうの?

いちご鼻はその名の通り、黒ずみがイチゴの種のようになっている状態のことを言います。
このいちごの種のように見える原因は、毛穴に詰まった角栓。
毛穴に詰まった皮脂や古い角質が空気に触れて参加することで黒くなり、いちごの種のようにブツブツした鼻になるのです。
ちなみに触ってみると、ボコボコと凹凸があるような感触があります。
ファンデーションやコンシーラーを塗っても隠れるのはほんの一瞬。
時間が経つとともに白いプツプツが浮き上がってきたり、毛穴周りがドロドロになってきたりしてしまいます。
そもそも鼻は他の部分と比べても皮脂腺が多く、その分皮脂が多く分泌されるため角栓がたまりやすい場所です。
鼻や小鼻の周りなどのTゾーンは、汗もかきやすいし、テカリやすいですよね?
汗が多い部位は汗をスムーズに排出できるよう毛穴が大きくなっていきます。

そして毛穴が大きくなると、角栓も大きく成長していくだけでなく汚れが入りやすくなって毛穴問題が多発しやすくなるのです。
いちご鼻なんて聞く分には可愛い名前ですが、実際には全然可愛くない問題ですよね。
そんないちご鼻を直すのには毛穴の汚れを除去するのが基本的なケアなのですが、無理矢理毛穴の汚れを取り除くような間違ったケアをしてしまうと更に毛穴が大きくなり症状が悪化する「イチ鼻ループ」に陥りかねません。
肌に負担をかけずに、やさしく毛穴の汚れを除去してあげることが大切なのです。

鼻毛穴の角栓は引っ張り出さずにクレンジングで落そう。

いちご鼻を改善するためには、日頃のクレンジングでしっかり汚れを落としてあげることが重要だということが分かりましたね。
毛穴パックや指で無理矢理除去する方法は、一時的にキレイになって気持ちいいかもしれませんが、肌を傷つけて毛穴はさらに広がり悪循環を引き起こしてしまいます。
また、疲れたからメイクをしたまま寝てしまう・・・なんてことは絶対にしてはいけませんよ!
自分に合ったクレンジングを正しく使い、肌に負担をかけずに毛穴の汚れをキレイにしましょう。
また、毛穴に詰まった汚れをしっかり除去した後は保湿を忘れずに!
毛穴がつまりにくい肌作りを心がけて、健康的な美肌を目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

 

カテゴリ

 

ライター:rin

    長年毛穴の悩みを抱えていた30代後半。アトピーもあり肌は敏感。オイルクレンジングで肌がボロボロになったことをきっかけに、クレンジングを真剣に考えるように。敏感肌でも毛穴の悩みを改善できることを実感し、様々なクレンジングを試す日々。